糖尿病に良い・悪い調理法

MENU

糖尿病に良い・悪い調理法

調理法にも糖尿病によいもの、悪いものがあるのをご存知でしょうか。

 

とくに何も考慮することなく料理をしていたという人は、ここで取り上げる内容をチェックし、糖尿病対策になる調理方法をおこないましょう。

 

糖尿病のことを考慮した場合に「悪い」調理方法

 

糖尿病の食事コントロールでは、カロリーの摂取量を抑えるのがおもな目的になります。適正エネルギー量をオーバーしないように日々食事を摂っていかなくてはいけません。

 

食べるもの、飲むもののカロリーにばかり目がいってしまいがちですが、調理で使用している油からもカロリーを摂取しているということに気付く必要があります。

 

油を多く使用している調理方法としては、揚げる、炒める、焼くを挙げることができます。煮る調理法も場合によっては注意が必要です。

 

糖尿病のことを考慮した場合に「良い」調理方法

 

油を使用しない調理方法としては、蒸す、茹でるが挙げられます。食材の余分な油分を落とすこともできますので、カロリーをより低くすることが可能です。

 

油を使用したい場合

 

どうしても油を使用する調理法をしたい場合には、よりカロリーの低い油を選ぶとよいでしょう。また、たっぷりと油を使用するのではなく、炒めたり焼いたりする場合には、少量だけ使用すると摂取カロリーを抑えることが可能です。

 

それから、油を使った場合には、完成した料理の摂取量を少なめにすることによっても、摂取カロリーを低くすることができるでしょう。